これで一安心!風俗情報局

新しい世界を知れた「微乳」

それまで微乳風俗嬢とは遊んだことはありませんでした。風俗ってこっちが選べるじゃないですか。何で微乳と言う、女性ならではな武器を持っていない女の子を指名しなければならないんだ…はいいすぎですけど、微乳が嫌いとかじゃなくて遊ぶなら巨乳の方が楽しよなって思っていたんです。でもこの前ルックスだけで選んだEちゃんがいわゆる微乳の風俗嬢でした。かなり小さいです。小さいというよりも、むしろ「無い」といった方が正しかもしれないですね(苦笑)正直、ブラジャーとかあまり意味をなしていないんじゃないか…とか思いましたけど、でも感度が素晴らしかったんです。むしろあの感度のおかげで微乳も悪くはないんじゃないのかなって思えたんですよね。だからこれから風俗で遊ぶ時には微乳も候補に入れても良いんじゃないのかなと思いました。いわばそれまでどうしても食わず嫌いになってしまっていたんですけど、意外と楽しいんじゃないのかなって。

恋人はいらないけど風俗に行きます

強がりではなく、本当に恋人なんて必要ないって思っています。無駄と言うか見合っていないというか、恋人が出来れば時間もお金も恋人相手に消費させられることになるんです。自分がかけたリソース分の満足感を得られているのかと言うと、正直そんなことはないんじゃないかなと。そんな考えだから前の彼女と別れてからは恋人なんて不要だって思うようになりました。性欲が溜まってきたら風俗に行けばいいんですよ。むしろそのスタイルこそ自分の理想そのものと言っても良いかもしれません。風俗は遊びたいと思った時に遊べるんです。それまでに関係をつなぎとめる努力は無用ですし、自分の思い通りにいかないのでイライラさせられたりもありません。むしろ自分の理想を叶えてくれるじゃないですか(笑)だから恋人は必要ないんですけど風俗は必要だなと。むしろ風俗があるからこそ、そういった考え方が出来るんじゃないのかなとも思うようになりましたので、風俗は大切なんです。